ワイヤーリングローマン鈎

【一般医療機器/外科手術用骨クランプ】

ワイヤーリングローマン鈎

骨折部の整復位維持に必要なワイヤーリングをスムーズに行います

医療現場の声
従来品のローマン鈎とワイヤーパッサーでは、ワイヤーを巻きたい所がローマン鈎と重なってしまう。

▼▼▼医療現場からの声をカタチに▼▼▼


従来2つ使用していた器具を1つにまとめた
ワイヤーリングローマン鈎」を開発!
骨折部を把持し、整復位を保ったまま、
ワイヤーリングを行うことができます。
その為、小さな傷で短時間での治療が実現します!

ワイヤーリングローマン鈎は、
強さ・軽さ・耐食性・生体適合性に
優れたチタン製です

【使用方法】

①手前の二股の爪の間からワイヤーを入れる

②奥の爪の溝に沿わせることでワイヤーリングできる


  

ページ上部へ戻る